未来をつくるこどもたちのために

児童福祉法では「すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ且つ、育成されるように努め、すべての児童はひとしくその生活を保障され愛護されなければならない」と規定しています。

私達は父と母の愛情のもとに育まれ成長しました。しかし世の中には、この児童福祉法に定めるような環境にない、保護する人を無くした要養護児童がいつもたくさん発生します。

「エス・オー・エスこどもの村」では、このようなこどもたちを預かり、未来を作るこどもたちとして健やかに、逞しく育つように養育、自立支援、家庭支援活動をおこなう児童福祉法第41条に基づく児童養護施設です。